食品アレルギーをチェック!【薄毛との関連性は?】

公開日: 

薄毛と関連性のあるアレルギーの中でも、特に身近に感じるものに食品があります。
最近は食の安全管理が徹底されるようになり、どの食品でも大体アレルギー品目の表示がされていますよね。
ところで、7大アレルゲンって何か知っていますか。
まさかいつも食べている食品に、アレルゲンがあるとは思っていない方は、あまりアレルギー品目のチェックはしないかも知れませんね。
7大アレルゲンは、卵、牛乳、小麦、そば、落花生、えび、かにの7品目です。
あわび、いか、いくら、オレンジ、カシューナッツ、キウイフルーツ、牛肉、くるみ、ごま、さけ、さば、大豆、鶏肉、バナナ、豚肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチンの20品目についても、使用していることが分かるように、生産者に対して表示を勧められています。
ただ、この20品目は7大アレルゲンとは違って、あくまでも勧める程度で表示を義務付けるものではありません。
もし20品目の中にアレルゲンがあって、食品に使用されているかどうかが気になる場合には、メーカーのお客様相談室に問い合わせてみるのがベストです。
また、アレルゲンの表示には色々な方法があって、「卵」ではなく「エッグ」と書かれていることもありますし、「落花生」ではなく「ピーナッツ」と書かれていることもあります。
この他、卵の含まれていると思われるマヨネーズに関しては、「マヨネーズ」と書かれていることがほとんどです。
この他、工場生産ではなくお店で作ったものを対面販売している場合には、原材料の表示がない場合もあります。
原材料の表示がないと言うことは、アレルギー品目の表示もないと言うことなので、アレルゲンの使用が無いかお店の人に確認する必要があります。
アレルゲン検査は、血液検査やアレルゲンの注射などによって行われます。
薄毛の治療をは違って保険適用で3割負担なので、薄毛と同時にアレルギーが気になる方はぜひ受けてみるのも良いかも知れませんね。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑