ファーストフード好きにお勧めの栄養は?

公開日: 

「出来るだけファーストフードを食べないように。」と言う心掛けも大切なのですが、頭皮や髪の毛に良い栄養摂取を心掛けることも大切です。

中でも、特に摂取したいのが、ビタミンB群です。

ビタミンB群には脂質の代謝を促進する効果もあるのですが、摂取しタンパク質を頭皮や髪の毛に利用できるようにする効果もあります。

しかも、皮脂の分泌を調整する効果もあるので、ファーストフードで脂質を摂りすぎてしまった場合にお勧めの栄養素です。

薄毛で頭皮にダメージがある方には、皮膚の新陳代謝を活性化すると言う嬉しい効果もあります

ビタミンB群の中でも、ビタミンB2やビタミンB6は特に育毛に良い栄養素だと言われています。
ビタミンB2は、卵、乳製品、緑黄色野菜などの食品に多く含まれています。

ビタミンB6は、かつお、まぐろ、さば、バナナ、キャベツなどの食品に多く含まれています。

大豆やレバーには、ビタミンB2、ビタミンB6ともに豊富に含まれています。

また、ファーストフードでドロドロの血液をサラサラにして、血行を良くするためにはビタミンEがお勧めの栄養素です。

ビタミンEは?

ビタミンEは、ナッツ、ゴマ、植物油などに多く含まれています。
ビタミンEには優れた抗酸化作用もあるので、細胞の酸化や老化を予防して頭皮の細胞を若々しく保つ効果も期待できます。
ビタミンEと同じように抗酸化作用に優れたビタミンCには、血管を健康に保つ働きがあります。
ビタミンCは皆さんもよく知っているように、レモンやオレンジなどンも柑橘系の果物、キウイ、いちごなどに多く含まれています。
ビタミンCにはコラーゲンの生成を促進する効果もあるので、頭皮のコラーゲンを増やして頭皮に柔軟性を持たせてくれます。
このように薄毛に良い食品には色々なものがありますが、これらを摂取しているからと言って安心してファーストフードをがっつり食べても良いと言う訳ではありません。
育毛に良くないものも、控えめにする必要があります。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑